今日も美味いカツカレー屋様を探して三千里

素晴らしいカツカレー屋くん巡りをしてた。
なんでにカツカレーかというと、単純に一石二鳥だから。
しかし、どこも一長一短、ん??似たような味わいだ。

カレー源泉とカツ、とも旨いカツカレー屋くんは見つからない。
つまり、ほとんどの店はカレー源泉は十分に分析してるのに、カツのプライオリティーはどの店も低い。

しかし、横浜市にある”●ん●”は元々トンカツ屋くんだけあって、
カツは天下一品!! なんだけど、カレー源泉はん??? なんでかなぁ・・。
でも、とんかつ屋くんだからとんかつに頼る喜ばしい源泉と辛子が台に見て取れるし、
その源泉と辛子をトンカツにつけて、食べ物と一緒に召し上がる。
これだと、とんかつ定食を食べて要るような感じになった。

召し上がる経路としては、とてもトンカツに源泉と辛子をかけて突き破る。
その後、残るカレーのルーと白い食べ物をカレーライスとして食べる。

なんかよくわからない意味がミステリーな食べ方だった。
店の配下もおかしな形相をしていた。