恒星のスペクトル種別などについて勉強してた

星について学校しました。恒星のスペクトルには、お天道様の場合と同じ暗線が認められます。しかし暗線の現れ方、すなわちその波長や強度は恒星によって異なっています。これは、恒星の空気の元素組成が異なるからではなく、恒星の表面気温が異なるからだ。そこで、恒星のスペクトルは暗線の現れ方によって、表面温度の高い手法からよりO、B、A、F、G、K、Mクラスに分けられてある。これを恒星のスペクトルクラスと効く、一層くわしくは各スペクトルを一層0〜9の10ポイントに小分けし、B9やA0のように表します。恒星の明かりから得られた項目(明るさや色つや)をもとにして恒星のがたいを見込みしたり、恒星を分類したりできます。1913時代に、アメリカのラッセルはグラフの縦軸に強制品目を、側軸にスペクトルクラスをとった画を作成しました。この画はデンマークのヘルツシュプルングもつくっていたことが行き渡り、HR画(ヘルツシュプルング・ラッセル画)とよばれてある。さんざっぱら勉強になりました。