森見さんの「美女と竹林」という正規を読んでみました

古本屋で見つけた、森見登美彦ちゃんの「美女と竹林」という書物。エッセイ(些かフィクション?)で、著しく気楽に読めました。かつて彼氏の本が好きで読んでいたんですが、エッセイはやっとでした。なにかで連載されていたみたいですね。森見ちゃんは竹林がおマニアみたいで、くわえて美女もマニア、というのが面白かっただ。ほのぼのしていて、それぞれが所有する竹林を扶養させてもらうことになったのですが、どうにもすすまない。蚊に支障にされたり、竹が特に多過ぎて下回るのがハード…という、「あら、そういうものですな」と把握できる、のんびりした竹林扶養のチャットです。周りとか手直しヒューマンとかにも手伝ってもらって、みんなで竹林を下回る。竹林を切ったことがあるひとはそれほどいないと思いますし、私もありません。ですが、竹ってあのようにびよーんと長いですし、切り倒してもそのあとが大変そうだということはわかりました。それにしても、こういうエッセイを書いた当時は森見ちゃんは販売をされながら本を書いていたようで、そのことにも驚かされました。エピレ 脱毛500円