森見さんの「美女と竹林」という正規を読んでみました

古本屋で見つけた、森見登美彦ちゃんの「美女と竹林」という書物。エッセイ(些かフィクション?)で、著しく気楽に読めました。かつて彼氏の本が好きで読んでいたんですが、エッセイはやっとでした。なにかで連載されていたみたいですね。森見ちゃんは竹林がおマニアみたいで、くわえて美女もマニア、というのが面白かっただ。ほのぼのしていて、それぞれが所有する竹林を扶養させてもらうことになったのですが、どうにもすすまない。蚊に支障にされたり、竹が特に多過ぎて下回るのがハード…という、「あら、そういうものですな」と把握できる、のんびりした竹林扶養のチャットです。周りとか手直しヒューマンとかにも手伝ってもらって、みんなで竹林を下回る。竹林を切ったことがあるひとはそれほどいないと思いますし、私もありません。ですが、竹ってあのようにびよーんと長いですし、切り倒してもそのあとが大変そうだということはわかりました。それにしても、こういうエッセイを書いた当時は森見ちゃんは販売をされながら本を書いていたようで、そのことにも驚かされました。エピレ 脱毛500円

今日も美味いカツカレー屋様を探して三千里

素晴らしいカツカレー屋くん巡りをしてた。
なんでにカツカレーかというと、単純に一石二鳥だから。
しかし、どこも一長一短、ん??似たような味わいだ。

カレー源泉とカツ、とも旨いカツカレー屋くんは見つからない。
つまり、ほとんどの店はカレー源泉は十分に分析してるのに、カツのプライオリティーはどの店も低い。

しかし、横浜市にある”●ん●”は元々トンカツ屋くんだけあって、
カツは天下一品!! なんだけど、カレー源泉はん??? なんでかなぁ・・。
でも、とんかつ屋くんだからとんかつに頼る喜ばしい源泉と辛子が台に見て取れるし、
その源泉と辛子をトンカツにつけて、食べ物と一緒に召し上がる。
これだと、とんかつ定食を食べて要るような感じになった。

召し上がる経路としては、とてもトンカツに源泉と辛子をかけて突き破る。
その後、残るカレーのルーと白い食べ物をカレーライスとして食べる。

なんかよくわからない意味がミステリーな食べ方だった。
店の配下もおかしな形相をしていた。

冷蔵庫に必ず入っている食べ物は昔から納豆

好きな食べ物は何?と聞かれると真っ先に思いつくのがラーメンなのですが、よくよくじっくり考えてみるとラーメンよりも上位にくる食べ物があるような気がして少し考えてみました。

ラーメンも大好きだけれど、やはり毎日食する真っ白ご飯のお供系が上位浮かんできました。

幼少期から食卓にはかかさずでていた納豆。たまに食卓に登場しては白米を何度もおかわりすることになる明太子。他にも美味しいご飯のお供はたくさんありますが、

特に納豆は色々な食べ方があるので、全く飽きないしほぼ毎日食べています。

キムチ納豆、大根おろし納豆、ネギ納豆、など食欲をそそるアレンジがたくさんあります。

調味料も付属のタレ以外に、ラー油をたらしてみたり、柚子胡椒なんかも最近は試したりしています。

夕飯が牛丼とか丼の日でも私は納豆を食べます。どんぶりに少しご飯を残してそこに納豆をかけて食べるのです。

カレーの日でも同じようにして納豆を食べています。

あまり人には言えない食べ方だけれど、まだまだ私の中ではたくさんのアレンジ納豆があります??

ああ、やっぱり私の好きな食べ物は断トツで『納豆』なのだな、と今考えてみて改めて思いました。鼻下 脱毛 女性